明治43 年、今井ウタが三条通千本东入のこの场所で田舎亭を开店しました。
创业当时はかき氷、アイスキャンディー、コーヒー牛乳、寿司などいろいろなものを売っており、制粉工场もしていたようです。
また、戦前までは、热いうどんを食べて风邪薬を饮むと一晩で风邪が治るということで、风邪薬も売っていました。「うどんや风邪一夜薬」という大正时代の名残の看板が、今でも店内にあります。(戦後法律が変わって风邪薬は売ることが出来なくなりましたので、もちろん现在は置いていません。)
现店主で5代目となりますが、创业当时から変わらぬ场所で代々受け継がれてきた田舎亭がより多くのお客様から爱される店になるよう顽张ってまいります。